日常を旅する

東京のまん中を 旅するように暮らすためのガイドブック。 人と緑と街が交差する 中央線の三鷹から立川エリアの いつもと違う日常が見えてきます。

「日常を旅する」中央線 三鷹~立川エリアを楽しむガイドブック

こんな本 ためしよみ

A5横サイズ 全144ページ/オールカラー/定価1400円(定価・税別)
2015年11月15日発行

企画:萩原 修
編集:萩原百合
写真:小沢利佳、加藤アラタ
イラスト:やまさき薫、ハギワラスミレ
デザイン:宮内賢治、なかさとゆうみ
協力:株式会社JR中央ラインモール
印刷:藤原印刷
発行人:小崎奈央子
発行:けやき出版

※「日常を旅する」は、エリアマガジン「ののわ」(JR中央ラインモール発行)の2年間25冊に掲載した内容から抜粋し、あらたに追加取材・撮影して編集したものです。

イベント4

日常を旅する「東京へそクリ2016」

東京のまん中(へそ)にある中央線の三鷹から立川間は、畑や用水路、緑地や公園がたくさんあり、約80万人が暮らすクリエイティブなエリア。個性的なヒトがたくさん住み、魅力的なコトやバやモノが日々生み出されています。このイベントでは、『東京のまん中を、旅するように暮らすためのガイドブック「日常を旅する」』を足がかりに、あらためて自分たちが住むエリアにある「へそクリ」的な店や日用品や風景などを探しにいきます。それらを知って、暮らしに活かすことで、楽しい時間がもっと増えるといいですね。

企画1「東京へそクリ市」
このエリアならではのとっておきのバショとモノを紹介します。
企画2「東京へそクリツアー」
地域の人が案内する少人数の秘密の旅
企画3「へそクリ通帳」
それぞれに自分だけの楽しみを貯める試み

2016年11月19日(土)〜27日(日)期間中24日木曜日休み
11:00 - 19:00
atelier tempo [アトリエ テンポ]東京都小金井市梶野町5-10-58
コミュニティステーション東小金井

JR中央線東小金井駅北口より徒歩2分
主催
「東京へそクリ2016」実行委員会
共催
「日常を旅する」編集部
atelier tempo
中央線デザインネットワーク
協力
けやき出版、シュウヘンカ
企画
萩原 修
デザイン
宮内賢治、なかさとゆうみ
会場構成
馬渕 晃
運営
やまさき薫、ハギワラスミレ、萩原葵
写真
小沢利佳、加藤アラタ

イベント3

12月23日 東京にしがわ大学 授業
「日常を旅する」出版記念ツアー 中央線の高架を効果的に楽しむ方法 (立川市、国立市、国分寺市、小金井市、武蔵野市、三鷹市)

この授業は、三鷹から立川エリアの「日常を旅する」ような内容です。中央線の立川駅に集合し、駅の近くで朝食をとり、電車に乗って、立川駅から国立駅の高架からの風景を眺め、国立駅の高架下を散策、その後、ふたたび電車に乗って武蔵境駅に移動し、レンタル自転車「スイクル」で、高架下の店舗を眺めながら東小金井方面に向かいます。最後は、高架下に店をかまえる「ふじわら」で昼食をとり、解散です。
中央線の三鷹から立川間の立体交差化で、踏切がなくなり、9キロ、7万平米の高架下空間ができました。それをきっかけにはじまったエリアマガジン「ののわ」は、地域をつなぎ、このエリアで活動する人を増やす試みでした。その陣頭指揮をとり、このエリアのことに精通しているJR中央ラインモールの初代社長の鈴木幹雄さんが今回のツアーのナビゲーターです。
「ののわ」の休刊から1年、同じ編集部が「ののわ」2年間の蓄積の内容をベースに再構築し、追加取材・撮影して完成した本が「日常を旅する」です。この本には、このエリアの日常を旅するように楽しんで欲しいという願いが込められています。この授業では、この本の一部を体験してもらい、「日常を旅する」ように暮らす意味をいっしょに考えます。

2015年12月23日(水祝)
9:00 − 14:00
  • 集合場所:JR立川駅改札付近
  • 教室:中央線 三鷹から立川間
  • 定員:10名(先着)
  • 先生:鈴木幹雄

授業料:無料
実費:3000円程度(電車代、レンタル自転車代、朝食代、昼食代ほか)

※書籍「日常を旅する」は、途中の本屋さんでも購入可能です。1400円(税別)

授業コーディネーター
萩原 修、宮内賢治、ハギワラスミレ、吉川友紀子

詳細・お申し込み

テーマ
「日常を旅する」
中央線の三鷹から立川間が立体交差化されたことで、
このエリアがどう変化してきたのかを、知って、感じて、
「日常を旅する」ように暮らすことを考える。
対象者
日常を旅するように暮らしたい人。
このエリアに暮らす人。
このエリアに暮らしてみたい人。
このエリアが気になっている人。
このエリアに遊びに行きたい人。
など。
授業の流れ
9:00
立川駅改札付近に集合
「シンボパン」に移動し、朝食
10:30
立川駅乗車、高架を体験
国立駅着 周辺の高架下を散策
11:30
武蔵境駅着
レンタル自転車「スイクル」
12:30
東小金井駅近くの「アトリエ テンポ」到着
※本「日常を旅する」も購入可能です。
13:00
あたらしい日常料理「ふじわら」で昼食
14:00
終了
先生:鈴木幹雄
1961年11月20日生まれ。横浜市港北区で育つ。東京大学文学部西洋史学科卒業。1985年日本国有鉄道入社。1987年、東日本旅客鉄道入社。2009年~2010年、中央ラインモール立ち上げに携わる。2010年~2014年株式会社JR中央ラインモール社長。会社を立ち上げ、2012年11月から2014年11月までの約2年間25冊を発行したエリアマガジン「ののわ」を中心とする活動で、中央線の三鷹から立川間の地域と関わりを深める。2014年〜株式会社ジェイアール東日本企画 常務取締役 営業本部長。

イベント2

11月30日 出版記念「日常を旅する」の写真とイラストとデザインの話

東京のまん中を、旅するように暮らすためのガイドブック「日常を旅する」の出版を記念して、「日常を旅する」話を、みなさんといっしょに楽しみたいと思います。この本の編集・執筆を最後に、9月9日にくも膜下出血で急死した萩原百合の遺作ともいえる本「日常を旅する」は、彼女自身の足と手と目と耳と舌で味わった約4年間の情報が凝縮されています。中央線の三鷹から立川間は、畑や用水路、緑地や公園がたくさんあり、約80万人が暮らす開放的な地域です。このエリアの約200カ所の個性的な店と、気持ちのいい場所を紹介したこの本には、このエリアを「日常を旅する」よう楽しんでもらいたいという想いがつまっています。そこで、この日は、この本の編集チームを中心に、このエリアの日常は、どんな感じなのか。そして、「日常を旅する」とは、どんな感覚なのかなど、撮影を担当した写真家ふたりと、イラストを担当したふたり、デザインを担当したふたりといっしょに、写真とイラストとデザインをもとに話をしたいと思います。それぞれの視点から「日常を旅する」ことの楽しさを共有できるとうれしいです。

「日常を旅する」編集部

2015年11月30日(月)
19:00 − 21:00
国立ペーパーウォール

出演
写真:小沢利佳、加藤アラタ
イラスト:やまさき薫、ハギワラスミレ
デザイン:宮内賢治、なかさとゆうみ

進行
企画:萩原 修

会費:1500円(税込)1ドリンク+軽食
定員:25名(申込先着順)

主催
「日常を旅する」編集部+けやき出版
協力
PAPER WALL nonowa国立店

申込方法
下記の内容を明記し、メールまたは、PAPER WALL nonowa国立店でお申し込みください。
1. 氏名(ふりがな) 2. 携帯番号 3. メールアドレス

  • ※会場では、本「日常を旅する」の販売もおこなう予定です。
萩原百合萩原百合(はぎわらゆり) 編集者
1962年2月28日生まれ。幼少期を東京で過ごし、大学までを広島で育つ。就職で上京。大日本印刷CDC事業部で企業カレンダーの企画を手がけ、結婚を機に退職。その後、子育てをしながら、個人で編集や文章の執筆を手がける。著書に「9坪ハウス狂騒曲」「家から生まれた17の話」、編集は「デザインの素 小泉誠」「いつものうるし 桐本泰一」など、雑誌「ディズカバージャパン」、エリアマガジン「ののわ」の編集、執筆を手がける。2015年9月9日没。「日常を旅する」が遺作となる。
小沢利佳小沢利佳(おざわりか) フォトグラファー
1979年生まれ。阿佐ヶ谷美術専門学校グラフィックデザイン科卒業。17歳のときに一眼レフカメラに興味を持ち日常の写真を撮り始める。20代、旅に興味を持ち各国各地気のむくまま思いのままカメラを手に旅をする。写真、旅、ごはん、家族、etc。日常の中にあるものを中心に。調布市生まれ、国立市在住。galleryラマパコス運営。
http://ricamera.net/
http://ricamerablr.tumblr.com/
加藤アラタ加藤アラタ フォトグラファー
1975年、東京生まれ。同志社大学卒業。フリーランスフォトグラファーとして、広告、CDジャケット、雑誌、書籍装丁など、ポートレートや風景を中心に多岐に渡る撮影を手がける。仕事と並行して、個展、グループ展で作品を発表している。
http://kesiki.com/
やまさき薫やまさき薫
1981年鹿児島生まれ小金井在住。東京学芸大学教育学部美術科卒業後、デザイン事務所勤務を経て独立。紙媒体を主としたデザイナー、イラストレーター、シルクスクリーン作家として、作品制作・ワークショップを中心に「くらすこと、つくること、つたえること」を大切にしたものづくりを目指す。小金井では「はけのおいしい朝市」の運営に携わり、ビジュアル・広報を担当。東小金井駅近くの高架下のお店、5組の作り手によるアトリエ併設のストア「atelier tempo [アトリエテンポ]」内にて、絵とデザインのアトリエ「ヤマコヤ」をオープン。
http://yamasakikaoru.net/
ハギワラスミレハギワラスミレ
1990年国分寺生まれ。東京のにしがわ、中央線沿いでのびのび育つ。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科卒業。エリアマガジン「ののわ」、書籍「日常を旅する」内の「駅からはじまる散策マップ」8駅分のイラストを制作。
宮内賢治宮内賢治(みやうちけんじ) アートディレクター
1975年生まれ。国立市在住。2010年東京にしがわ大学の立ち上げに参加。
それをきっかけに、多摩エリアでデザイン活動を開始。2013年より POOL inc.
に参加。都心と多摩エリアを行き来しながら、地域とデザインを考える毎日を過ごしている。
http://pool-inc.net/
http://km-design.jp/
なかさとゆうみなかさとゆうみ グラフィックデザイナー
青森県むつ市出身、東京デザイナー学院卒業後、(株)浪漫堂などに所属し、2012年よりフリーランスで活動。冊子、広告、パッケージ等、グラフィックデザイン全般に携わる。人と人をつなぐ「コミュニケーションがうまれるデザイン」、人の手元にずっと残る「消費されないデザイン」を見た目だけでなく仕組みからどういう風にできるのか、そんなことを常に考えてデザインしている。
http://www.yuuminakasato.co/
萩原 修萩原 修(はぎわらしゅう) デザインディレクター
1961年生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。大日本印刷株式会社、リビングデザインセンターOZONE を経て、2004 年に独立。「かみの工作所」「コド・モノ・コト」「中央線デザインネットワーク」「国立本店」「西荻紙店」「国分寺さんち」「てぬコレ」「かみみの」など独自のプロジェクトを立ち上げ、育てている。 著書に「9坪の家」「デザインスタンス」などがある。つくし文具店店主。株式会社シュウヘンカ代表。明星大学デザイン学部教授。
http://www.shuhenka.net/

イベント1

11月15日 出版記念「日常を旅する」日

東京のまん中を、旅するように暮らすためのガイドブック「日常を旅する」の出版を記念して、2015年11月15日を「日常を旅する」一日として、みなさんといっしょに楽しみたいと思います。この本の編集・執筆を最後に、9月9日にくも膜下出血で急死した萩原百合の遺作ともいえる本「日常を旅する」は、彼女自身の足と手と目と耳と舌で味わった約4年間の情報が凝縮され、そこから多くの人のつながりが見えてきます。中央線の三鷹から立川間は、畑や用水路、緑地や公園がたくさんあり、約80万人が暮らす開放的な地域です。このエリアの約200カ所の個性的な店と、気持ちのいい場所を紹介したこの本は、そこを足がかりに、それぞれの人がこのエリアを「日常を旅する」よう楽しんでもらいたいという想いがつまっています。そこで、この日は、それぞれの人が考える日常を武蔵境にある「スミレアオイハウス」に持ち寄り、持ち帰る旅のような一日にします。どうぞ、お気軽にご参加ください。みなさんがこのエリアを楽しむ様子を、萩原百合も楽しみにしていると思います。

「日常を旅する」編集部+萩原家

2015年11月15日(日)
11:00 − 18:00
9坪ハウス「スミレアオイハウス」三鷹市井口1-8-7  JR中央線武蔵境駅から徒歩15分

FACEBOOK

会費:2000円+持ち寄り1品とその想い出

  • ※このエリアやご自身の日常で気になる品を持ち寄ってください。
  • ※会場では、本「日常を旅する」の販売もおこなう予定です。
主催
「日常を旅する」編集部+萩原家
協力
ミリメーター、グランドライン、長岡勉 ほか
  • ※時間内、都合のつく時間にお越しください。
  • ※近隣に駐車場が少ないので、車での来場はご配慮ください。
  • ※会場は、住宅街になりますので、くれぐれも静かにお過ごしください。